大人の唐手部 

1555360_785609318120026_1886932527_n

「唐手と気功の修練を通して、人の持つ能力、生命力、運気を高めるための唐手」

見学大歓迎です。

http://www.harikyu-yoshindo.com/

—————————–
「精神不安定の人や、色んな病気を抱えた現代人に対して、心と身体を元気にさせる空手を教えてくれへんか!?」
親友(西洋医)に依頼され、東洋医学者として、心身に良い唐手というのを模索し始めました。

大切なことは「自分自身を見つめて、生命力を高めること」です。

~主なトレーニング内容~
中国から伝えられた「唐手TuTiy」と、沖縄で培われた「手Tiy」の研究とトレーニングをしています。

・基礎トレーニング:気功を通して、心身をととのえて充電(養)させます。
気功ストレッチ
スワイショウ
仙人長寿功
還童功
タントウ功
など

・唐手の基本:型をするのに必要な基本を覚えます。
タントウ功(意守丹田功など)
手足腰の鍛練
突き、蹴り、受け、転身

・型:基礎と基本をもとに型を練ります。
サンチン
ナイファンチ
パッサイ
武器術など

・当破:力を出すということを覚えます。
ミット打ち
カキエー
小手鍛えなど

・技トレーニング:変手(応用)として、型に含まれた技を覚えます。
車手
取手
舞手

・相対トレーニング:対人における感覚を養います。
推手
約束組手など

目的やレベルに応じて伝える内容が変わる事もありますが、基本的にはこのような感じで進めます。

~養生法としての唐手~
東洋医学における「養生」の在り方があります。

・姿勢を正しリラックスをする
・呼吸を鎮め、心を鎮める
・意と呼吸と動作を一致させる
・姿勢を調え、呼吸を調え、意識を調え、気を調える

昔から、「心が静まれば気が全身を巡り、気が巡れば身体は壮健となって自在に動き出す。」と言われてきました。

これが1つの養生気功の在り方です。

・自律神経のコントロール
・血行促進による生理的反射
・コアマッスルを鍛える事による体幹の安定
・脳波を落ち着かせ、精神的な安定を得る
・全身運動、有酸素運動による健康促進

気功の医療的効果は広く、循環器、呼吸器、消化器、内分泌、脳神経、免疫、これらに対して生理的な反応を引き起こし、改善または治癒、また、予防あるいは健康促進の効果が認められています。

ボケ防止や、年配者の方の健康法としてもおススメしています。
指先も動かすため、脳神経にも良い刺激を与えます。

唐手で手に入れるセルフケア、アンチエイジングを目指しましょう。

~場所~
現在は、新神戸と豊中で主に行っています。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
http://www.harikyu-yoshindo.com

来年以降は、関東方面に支部を作る予定ですので、もうしばらくお待ちください。
また、神戸や各地でのセミナーも行います。

ブログやFB,HPのギャラリーなんかに色々アップしていきますので、御興味ある方は、まずは遊びに来て下さい。
https://www.facebook.com/#!/tudiclub

コメントを残す