女性 80代 明石市Tさん


83歳の母を診て貰いました。
三年前に脳卒中で入院し血管カテーテルでの手術にて軽度の後遺症で済んでいるのですが、全身麻酔から覚めた時から全身の強烈な寒気・悪寒に襲われました。
いろんな病院に診て貰いましたが原因不明で挙句は向精神薬を処方され動く気力も失う始末。
漢方クリニックでようやく改善されたのですが時おり手足の一部に悪寒がぶり返し使い捨てカイロを貼りまくって辛抱するのですが、今回は10日ほど続き収まる気配が見えなかったのでお願いしました。
耳の遠い母にも親切に丁寧に対応して下さり年寄りの繰言や長話にも笑顔で応えながら、鍼はもちろんいろんな手技や金網の上からのお灸とか刺さない鍼などの多彩な技をちょくちょく脈を診ながら一時間ほとんど手を止める事無く治療して下さいました。
治療が終わると悪寒の感覚がたった一度で消えており喜んでおりました。
その帰り道の事、母がお腹が空いたと言うので店を探しつつ車を走らせますが祝日だった為どこも満員。
諦めて和食のさとで小一時間待って何とかご飯にありつけましたがそこで二度目の喜び。
食欲旺盛で量もしっかりと食べられるのです。
入院以降食も細くなり食欲もあまり湧かないのが常でしたがしっかりタップリの定食をバクバクと。
翌日からは教えて頂いた足湯を日に二度三度とやり始めました。
足湯は以前から何度も薦めていましたが息子からの声は届かずだったのですが一度の施術で劇的に効いた先生のお薦めは絶大の様子。
三度目の喜びはひと月近くなりますが効果が続いている点。
普通はまた来週とか2週間後とか次の予約を入れるのが当たり前ですが、調子が悪くなったらどうぞの姿勢が他所とは違いましたね。
そのたらに治療に対する覚悟が見えました。
また、たらの際には宜しくお願いします。

コメントを残す